5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

iBUFFALO パソコン自動切替器 DVI接続 リモートスイッチ付 ブラック BSKMD201BKを買ったからレビューを書くよ!DVI-D端子とDVI-I端子の違いも!

スポンサーリンク

先日、こんな記事を書きました。

で、もう駄目だろうけど、どう処分をするか悩んでいたのですが、このパソコンで使っていたマウスやUSB機器を試したところ、あれ?動かない・・・・マウスは以前のパソコンで2つ試しましたが、2つとも挙動がおかしくUSB機器も挙動がおかしい。

って、え?????3つのパソコン周辺機器が3つともほぼ同時に壊れたの????という状態でした。

という事はこのパソコンはまだ使える!でも、購入してからかなりの年数が経っているし、いろいろと重くなってきているので、再インストールをすれば良いかな?という事でWindowsを再インストールしたら好調に動くようになりました\(^o^)/

という事で2台のパソコンがあった方が作業効率は上がるのですがモニターが1台しか無いのでさて、どうしようと悩んでいましたが以前、パソコン切替器というものを使っていた事を思い出し、パソコン切替器を購入してきました。

IMG_2084_yu

バッファロー パソコン自動切替器 DVI接続 リモートスイッチ付 ブラック BSKMD201BK

購入したのは、バッファローのBSKMD201BKという型番のパソコン自動切替器です。

これにした理由は

  • 安い!5000円未満
  • DVI端子のモニターに対応
  • WUXGA(1920×1280)に対応
  • キーボードで切り替えが可能

この理由で購入しました。

IMG_2088_u

IMG_2085_u

IMG_2087_yu

接続は至って簡単です。恐らくデスクトップパソコンの配線が普通に出来る人なら見ただけで出来てしまいます。

実際の商品画像

実際の商品画像です。

IMG_2089_yu

IMG_2090_yu

IMG_2092_yu

IMG_2093_yu

IMG_2094_yu

IMG_2095_yu

IMG_2096_yu

注意点

ここで、注意事項を書いておくと、この切替器はDVI-I端子ですので、DVI-D端子のみのパソコンでは変換ケーブルを購入しないといけません。

DVI-I端子は下記の形状のものです。

IMG_2090

IMG_2092

DVI-D端子は下記の通りです。

IMG_1938

まとめるとこうなります。

dvi-hikaku02

先日、購入したデスクトップパソコン

このパソコンのDVI端子がDVI-Dのみでした。DVI-I端子であれば、両方とも使えるのですが、DVI-D端子のみの接続端子しか無いパソコンでは使えないので、注意して下さい。

今回は、デスクトップパソコンにDVI-I端子を持つビデオカードを増設したので問題なく対応出来ています。

DVI-DにはDVI-Iとくらべて端子数が少なくなっているため、DVI-I端子のオス側を指すことが出来ません。無理やり指すとまず壊れますので注意して下さいね。

使用感想

特に可もなく不可もない感じですが、古いパソコン側から新しいパソコン側に切り替える時に、古いパソコン側が何か音を発生させるんですよね。新しいハードウェアを見つけた時の効果音が。ちょっとこれが気になるかな。後で解決方法を探してみますが。

また、キーボード以外にも本体及びケーブルでつなぐリモコンボタンでも切り替えが出来ますが、やはりキーボードが便利です。

ただし、キーボード操作で3回キーボードを押さないといけないのは少し不便ですね。

以前使っていたものはアナログのD-Sub15ピンのみの対応のものでコレガ製でしたが、キーボードは2つのボタンだけだったのでこれよりは楽でした。でも、5000円未満で変えるDVI端子対応のパソコン切替器はあまり無いのでコストパフォーマンスは優れています。

参考 パソコン切替器=KVM=CPU切替器

以前はパソコン切替器の事をCPU切替器と言っていました。今はパソコン切替器かKVMもしくはKVMスイッチというそうです。買ったのはヨドバシカメラですが、店員さんにCPU切替器の場所は?と聞いたら、「CPU切替器って何ですか?」(正直話し方がなっていませんでしたが、その点は割愛)と聞かれてしまいました(^_^;)

ヨドバシカメラでは4900円でポイント10%でしたが、アマゾンで見ると10月12日14時現在4372円となっており、アマゾンの方がお得になっていますね。

まあ、僕の場合実物が見たかったので、店舗で購入しましたがネットの方がやはり安く買えますね。

以上、パソコン切替器のレビューでした。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Return Top