5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

拘らなければノートパソコンは3万円以内の時代に。14インチモニターサイズのパソコン復活は3万円時代の兆し?

スポンサーリンク

最近、いろんなパソコンの販売サイトを見ていると29800円(税別)から大体は用意されているようになった印象があります。円安が進んで輸入が多いパソコンだから価格はじわじわ上がっていくかと思ったのですが、そんな事もなく変わらないかむしろ下がってきているような感じさえします。

このままいくとノートパソコンは性能に拘らなければ3万円で買う時代になるのでは?と思います。

更に最近、いろんなメーカーで14インチのモニターサイズのノートパソコンは再び増えているようにも思います。これは一時期14インチのノートパソコンって本当に販売が減ってきたな~と思っていたのですが、ここに来て再び増え始めていませんか?

14インチ液晶のノートパソコンは価格を抑えるため?

ふと思ったのですが、今まで低価格ノートパソコンは15.6インチというモニターサイズが多かったのですが、ここに来てHPやエプソンが14インチのモニターサイズの安いノートパソコンを展開してきています。これは15.6インチではコスト的に低価格で作る事が難しくなったため、液晶サイズを抑えて14インチにしているのでは?と思うのですがどうですかね?

ならもっと小さい13.3インチとか12.1インチが増えるはずだ!と思われるかもしれませんが、逆に小さくするとコストがかかる事もあるので、適度な大きさで安く作れる14インチが再び増えてきているのでは?と思っています。

ノートパソコンが本当に売れない時代に

また円安なのに値上げ出来ない理由として本当にノートパソコンが売れていないという事も大きな理由になっていると思います。スマホやタブレットは好調に売れていますが、ノートパソコンまでは要らないという人が増えてきており、ノートパソコンを必要としない層もある程度出来てしまっています。

売れないけど売りたい、そんな思いがメーカーにはあるので値段を上げる事も出来ない状況になっているのでは?2015年は下手をすれば中堅クラスのパソコンメーカーがパソコン事業から撤退したり、パソコン部門を売却していくのでは?とすら思います。

2014年ではSONYがパソコン部門を売却してVAIO株式会社が作られています。同じように他のメーカーも2015年は同じような事をしてくるのでは?

パソコンは年寄りが使うもの?

僕は家電量販店やパソコンショップを巡るのが好きなのですが、パソコン売り場やパソコンショップにいる人の年齢層が10年前と比べると上がっているように思いました。何より若い人がいません。家電量販店の携帯電話売り場にはそれなりに若い人はいるのに、パソコン売り場には若くて見た目30代、40代から60代の人が多いという印象でした。

また近所にあるパソコンショップに行くと休憩スペースがあるのですが、いつも年配の方が座っているんですよね。

また店員と話し込んでいるのも年配の方が多い。

既にパソコンは年配の人が使うものになりつつあるのでは?なんて事も考えてしまいました。

というのも、スマホやタブレットでは年配の方では操作がしにくいので、ネットをやろうと思えばパソコンを選ぶ人が多いという事もあると思います。今後パソコンを使う層というのは、一部のパソコンが仕事や学校で必要な人だけになり、それ以外の人はスマホやタブレット、ウエアラブルデバイスへと流れていくのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Return Top