5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

PC DEPOTのデスクトップ ozzio MXA274710SDS3にビデオカード(GeForce210)を増設したよ!ビデオカード増設方法!【図解入り】

スポンサーリンク

先日購入したデスクトップパソコン  PC DEPOTオリジナルパソコン(デスクトップ)ozzio MXA274710SDS3は、オンボードのビデオカードでした。ブラウジング時に画面が揺れるという貧弱性が気になったので、とりあえず何でも良いからビデオカードを入れておこうと思い、ビデオカードを購入して増設しました。

購入したデスクトップパソコンについては、こちらの記事をご覧下さい。

ビデオカード 玄人志向 GF210-LE1GHD/D3 nVIDIA GeForce 210

IMG_2099_yu

このビデオカードの選択理由は、単に安かったから!という理由からですが、もう少し説明します。

映像を映すためにはメモリを必要としますが、オンボードのビデオカードの場合はメインのメモリをシェアして使用します。つまりメインメモリの容量が減ってしまいます。ビデオカードはそのメモリをビデオカード内に持っているためメインメモリをシェアしませんから、その分メインメモリの使用率が減って作業効率がアップします。

また、今回はオンボードのビデオカードだと画面が揺れる事があったため、ビデオカードの性能自体が弱いと感じたため、ビデオカードの増設は必要であると思っていましたが、元々ゲーム等ほとんどしないため、それほどビデオカードの性能が良いものを必要としなかったという事が挙げられます。ただ、どうせ購入するのならば、メモリが1GBクラスという事で探しました。

この2点から、AMAZONで探して一番安い1GBの新品のビデオカードという事で今回はこのビデオカードにしました。AMAZONで3027円でした。

ゲームとか映像に拘られている方は多分このビデオカードの性能では満足しないと思いますが、僕の場合は一番マシンパワーを使うものでも、デジカメのRAW現像くらいなので、これで十分ですし、モニターそのものの性能もそんなに高くないので、これで問題ありません。

玄人志向というメーカー

以前も簡単に説明していますが、パソコン周辺機器の大手メーカー バッファローと同じグループ会社で、バッファローは一般向け、玄人志向はパソコンに詳しい人向けにいろいろなパソコンパーツや周辺機器を出しています。パッケージの裏には玄人志向について書かれています。一般向けでは無いよと。サポートは確かにしっかりしていませんが、その分価格は抑えられている商品が多いと言えます。まさに玄人向け。

IMG_2101_yu

IMG_2104_yu

玄人志向と言えばこのおっちゃんがトレードマーク。誰だったっけ?(^_^;)

って、CFD販売(玄人志向を出している会社の名前)の開発担当だった人のはずです。

ビデオカード 玄人志向 GF210-LE1GHD/D3 の増設開始

内容物確認

パーツを購入したら、絶対に最初に内容物の確認を行いましょう!後で足りないとなっても後の祭りです。

IMG_2102_yu

IMG_2103_yu

まず中を開封して中身を確認します。今回はロープロファイル対応なので、ロープロのパーツが入っていますが、必要ないので無視します。

IMG_2107_yu

インターフェースは、D-Sub15ピンの普通のアナログ端子に、HDMI、DVI端子の3つとなっています。ロープロファイルで使う場合は、1つが使えなくなる事になります。

PC本体の準備

IMG_2108_yu

カバーをあけてビデオカードスロット(PCI-Express)を確認します。右側の灰色の部分は最初は下記のようになっています。

IMG_2112_yu

これを上の写真で言えば右に押して倒します。倒すと下記の写真の通りです。

IMG_2113_yu

先日買ったデスクトップパソコンは簡単に増設カードをロック出来る作りになっています。

IMG_2109_yu

上記写真中央のネジを外します。

IMG_2110_yu

そして、このパーツ名なんて言ったっけ?(^_^;) カバーで良いか、カバーを外します。

IMG_2111_yu

するとこんな感じで穴が空いたようになります。いよいよビデオカードの増設です。ビデオカードに触る前に必ず手を洗って、金属板等を触って手の放電を行って下さいね。

IMG_2114_yu

スロットに対して垂直に差し込みます。先に灰色の部分を倒しましたが、これが押されたために元の位置に戻ってビデオカードをロックします。しっかり刺さった事を確認します。

IMG_2115_yu

背面を見るとこんな感じです。普通の自作パソコンならここでビデオカードをネジ等で固定しますが、このパソコンに関しては不要です。

IMG_2116_yu

もう1度、外した部分をしっかりとはめてネジで固定すれば、固定されます。

そして、最初に開けたカバーを戻して増設そのものは完成です!

ドライバーのインストール

今回は、はじめてドライバーのインストールで梃子摺りました。
IMG_2119_yu

僕のパソコンはWindows7ですが、ドライバーが入っていないため、最低解像度で最初は映ります。

普通に起動したので、nVIDIAのサイトに行って最新版のドライバーをダウンロードしてインストールしました。

IMG_2120_yu

IMG_2121_yu

ところが!インストールして再起動させたらWindows起動画面になった後にブルーバックになって再起動がかかるんです。

なんだこれ?????

という事でシステムの復元を行い、今度は製品についているドライバーCDからドライバーをインストールしたら問題なくインストール出来て再起動しても問題なく起動しました。最新版のドライバーは何かこのパソコンとだと相性があるのかもしれません。後でもう少し確認してみます。

以上で今回のビデオカード増設は完了です。

時間にして30分くらいですかね。ドライバーのインストールで手古摺らなければ20分くらいで終わったと思います。

まとめ

  1. ビデオカードの増設は、最初にビデオカードの製品の内容物チェック。
  2. 取付の場合はきちんと静電気対策を
  3. ドライバーのインストールは慎重に

この3点となります。

なお、デスクトップパソコンによっては、ビデオカードを増設出来なかったり、違う種類のビデオカードを使用しないといけない場合があります。必ず規格的に対応したビデオカードを購入して下さい。

なお、ノートパソコンにはビデオカードは増設出来ません。また、パーツの増設は自己責任です。自分の責任の元で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Return Top