5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

怒鳴らないで下さい(/_;)

スポンサーリンク

img2

*この話は1999年頃のお話です。

怒鳴らないで下さい(/_;)

よくいるんです。怒鳴り込んで来る方。
当店でパソコンを買ってくださった女性とそのお子様。
購入後3日くらいして、いきなり店に怒鳴り込んできました。

「パソコン、全然動かないわよ!!!」
ノートパソコンなので、持ってきてくれていました。
とりあえず、お客様の気を静めて確認を。
理由は、簡単フロッピーの抜き忘れ。

とりあえず、ご説明して終了。でもね、でも、

いきなり怒鳴り込んでくる事はないじゃん(T_T)

販売する時、綺麗な人だな~と思ったのに・・・(T_T)
(お子様がいると言え、結構若い方でしたので)

近くにいたお店の中を見ていた方はこの女性の声に驚いていました。

*フロッピーの抜き忘れでパソコンが起動しないというミスはσ(^^)もパソコンを始めた当時、やっています。だから、初心者の方にはよくあるミスで馬鹿にする気なんてもちろんありません。最初は結構、やってしまうミスですからね。でも、こういう事でいきなり怒鳴られると凹んでしまいます・・・。

追記 2014年

今だと、そもそもこの意味が解らない人も、いるのかな~と思いました。

WindowsMEくらいまでは、割りとオールインワンと呼ばれるパソコンにはフロッピーディスクドライブは普通についていました。いや、WindowsMEぐらいから、フロッピーディスクドライブが無いモデルが出始めてきた感じですかね。

フロッピーディスクは下記のものです。

一般的なフロッピーディスクドライブ(以後FDD)でフロッピーディスク(以後FD)に保存出来る容量は、1.44MBでした。

1.44GBでは無いですよ、1.44MBですよ!今ならメールにして添付して送れてしまう容量ですね。いろんな方法で2MBくらいまで保存する方法もありましたが、あまりメジャーでは無かったと思います。

FDも8インチ、5.25インチ、3.5インチとサイズがあったり、2HD・2HC・2DDとかあって、結構これを説明するのに苦労した記憶もあります。今だと、そもそもよほど大きな家電量販店やパソコンショップに行かないと置いてない場合もありますね。
Windows95なんて、FD版も販売されていました。

消えていった保存メディアというのも、思い出すと懐かしいな~と思いますね。

今でもFDDもFDも販売されていますが、10年後は本当にどうなるのでしょうね。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントはこちら

Return Top