5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

Windows10になったのDiginnos(デジノス) DG-D08IW 使用レビュー!持ち運びにはかなり便利!

スポンサーリンク

先日、ドスパラさんよりWindowsタブレットの「DG-D10IW2」及び「DG-D09IW」をお借りしてレビューを書きました。そして今回このシリーズの最小サイズである8インチタイプの「DG-D08IW」をお借りすることが出来たので使用レビューを書いてみます。

過去の記事は下記を参考にしてください。

DG-D08IWについて スペック等

DiginnosのDG-D08IWについて。以前お借りした「DG-D10IW2」及び「DG-D09IW」はWindows8でしたが今回はWindows10。製品版のWindows10を触るのは実は初めてで使い方に少し悩みましたが、同じWindows、触っていれば解るものですね(笑)

DG-D08IW

単体での同梱品は上記の通り、それ以外に説明書がついています。

スペックは下記の通り

モデル名 Diginnos DG-D08IW
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー(クアッドコア、定格 1.33GHz、最大 1.83GHz、キャッシュ2MB)
メモリー 2GB DDR3L
ディスプレイアダプター インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
ディスプレイ 8インチ液晶(1280×800ドット表示/ 10点マルチタッチ対応)
ストレージ 16GB eMMC
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + HS
センサー 加速度センサー、GPS
microUSB 1
映像出力 microHDMI x1 (HDMI変換ケーブル付属)
サウンド ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)、スピーカー内蔵、マイク内蔵
カードスロット microSDカードスロット(SDXC)
ウェブカメラ 約200万画素 WEBカメラ フロント x1、リア x1
ポインティングデバイス タッチパネル
サイズ 約213.8(幅) x 127.96(奥行き) x 8.6(高さ)mm
重量 本体 約345g
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約6.1時間 JEITA2.0)
保証 1年間 持込修理保証
付属品 クイックガイド / ACアダプター / microUSB(オス)-USB(オス)変換ケーブル / microHDMI(オス)-HDMI(メス)変換ケーブル

DG-D09IWとはストレージや大きさ、インターフェース、解像度以外はそれほど変わりませんね。

2015年8月29日現在、18500円(税別)となっており消費税を入れても19980円と2万円を切っています!Androidタブレットでも普通にこれくらいの金額はしますからWindowsが入っているパソコンとして考えればコスパはかなり良いと思います。

実際の使用感・使ってみた感想

今回は専用キーボード付きカバーもお借りしたのでそれをつけて使用してみました。

DG-D08IW

DG-D08IW

キーボードのキー配列は専用配列になっているため、慣れない内は使いにくいと思いますが、スマホの小さい画面で入力することに比べたらかなり楽です。やはりキーボードがあるというのは便利です。

DG-D08IW

実際にタブレットをキーボード付きカバーに装着してみたところです。あれ?自動的に横にならない・・・。この後横にするのに少し苦労しました。自動ではならないのかな?

そして次にキーボードがBluetooth接続なので認識させます。

ところが、認識されているのに使えません!Windows8の時は問題無かったのに・・・・ネットで少し調べて解決方法を発見。デバイスの追加から行わないと認識しない時があるようです。Windows10が出て間もないため、こういうこともあるのもしょうがないけど少し戸惑いました。

DG-D08IW

DG-D08IWをチェック

そして画面を横にして(画面を横にするのは覚えてしまえば簡単に出来ます)、キーボードを認識させて使ってみました。

カバーを装着した状態

カバーを装着した時の操作感は中々良い感じでした。

DG-D08IW

後ろからみたところ。カバーが中折れしてそのままスタンドになります。不安定じゃないの?と思うかもしれませんがマグネットが装着されておりしっかりと固定されるので大丈夫です。

DG-D08IW

DG-D08IW

実際にキーボードでテキスト入力を繰り返してみましたが、最初はキーボードに違和感はあるものの慣れてくるとまったく普通に入力出来るようになります。タブレットのソフトウェアキーボードに比べたら本当に使いやすい。やっぱりパソコンにはキーボードが欲しいですね、タブレットだったとしても。

インターフェース

インターフェースはDG-D09IWに比べると若干見劣りします。

DG-D08IW

サイドにあるインターフェースは上から、ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)・microUSB端子・microHDMI端子となっています。標準サイズのUSBがついてないのですがアダプターが付属しています。

DG-D08IW

上部にはmicroSDカードのスロットがあります。このモデルのストレージはeMMCの16GBなので正直容量的にはかなり厳しい部分もあるのですが、ここにmicroSDカードを入れてマウントして使えば内部ストレージ同様に使えるのでそれほど不便は感じないと思います。

参考までに僕は最近デジカメはmicroSDカードをSDカードアダプターに入れて使っています。これで使っているとWindowsタブレット等ですぐに見ることが出来るので。

IMG_0063

これ、かなり重宝しますよ。

使用した感想

この価格なら大満足です。Windows10になったことでWindows8よりも滑らかになった感じがします。DG-D09IWと比べても滑らかに感じました。んん?ということはDG-D09IWもWindows10だともっと使いやすいということか・・・。

ブログの更新をしたりデジカメの画像編集をしてみましたが、問題なく行えました。もちろん高いパソコンに比べれば遅いですが2万円でここまで動くのならコストパフォーマンスは凄く良い1台だと思います。

こんな人におすすめ

普通のノートパソコンだと重い!と思う人なら良い1台です。本体が約345g、厚みが約8.6mmとなっています。専用キーボードカバーの重さが約310gなので合計で655gです。これなら持ち運びもそれほど気になりません。また大きめのハンドバッグにも入る大きさです。専用カバーを付けた状態の厚みは約2cm、一番厚みのあるところでも2.4cmとなっています。あまりパソコンは使わないけどたまに使う時もある、でも重たいノートパソコンを持ち運びたく無いという方には良いのではないでしょうか?WindowsなのでOfficeもインストール出来る訳でどうしても仕事でワードやエクセル、パワーポイントを使わう時がある人なら助かる1台だと思います。

重たいノートパソコンは持ち運びたくない、でもWindowsパソコンが必要な時もある・・・という方には最適な1台だと思います。カバーを外せばそのままWindowsタブレットとしても使える訳でウェブブラウジングをするのにも便利な1台です。

DG-D08IWをチェック

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Return Top