5万円以下で買うノートパソコン情報&元パソコンショップ店員のつぶやき

WindowsタブレットのDiginnos(デジノス) DG-D10IW2 使用レビュー!これはおすすめ!

スポンサーリンク

前回の記事からの続きとなります。前回の記事は下記のものです。

ドスパラさんよりWindowsタブレットのDiginnos(デジノス) DG-D10IW2を借りることが出来たので、そのレビューとなります。

DG-D10IW2について

前回紹介した「DG-D09IW」は9インチ(厳密には8.9インチ)のWindowsタブレットでしたが、今回のは10インチ(厳密には10.1インチ)のWindowsタブレットとなります。

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

スペックは下記の通りです。

モデル名 Diginnos DG-D10IW2
OS Windows 8.1 インストール済み
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー(クアッドコア、定格 1.33GHz、 最大 1.83GHz、 キャッシュ2MB)
メモリー 2GB
ディスプレイアダプター インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
(ビデオカード)
ディスプレイ 10.1インチ液晶 (※3)
(1920×1200ドット表示/ 10点マルチタッチ対応)
ストレージ 32GB eMMC
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + HS
センサー 加速度センサー、GPS
USB 2.0 1
microUSB 1
映像出力 miniHDMI x1
サウンド ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)、スピーカー内蔵、マイク内蔵
カードスロット microSDカードスロット(SDXC)
ウェブカメラ 約200万画素 WEBカメラ フロント x1
ウェブカメラ 約500万画素 WEBカメラ リア x1
キーボード なし
ポインティングデバイス タッチパネル
サイズ 約260(幅) x 168(奥行き) x 9.2(高さ)mm
重量 本体 約560g
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約8.8時間 JEITA2.0)
セキュリティソフト マカフィー リブセーフ(TM) 12ヶ月版
保証 1年間 持込修理保証
付属品 クイックガイド / ACアダプター / microUSB(オス)-USB(オス)変換ケーブル

モニターサイズ以外、基本的には「DG-D09IW」と変わりありません。

価格は2015年7月21日現在、33320円(税別)でキーボード付き専用カバーとのセットだと38320円(税別)となっています。こちらも価格的に見てコストパフォーマンスに非常に優れたモデルだと言えます。

実際に使ってみた感想、パソコンとして使える!

実際に使ってみた感想ですが、タブレットとして使用した感じは、「DG-D09IW」と差はありません。液晶サイズが大きくなった分、使いやすくはなっています。

ただしキーボード付き専用カバーと一緒に使う場合はまったく別物です!

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

まず大きく違うのは専用カバーについているキーボードがノートパソコンの82キー日本語キーボードということでノートパソコンのキーボードに慣れている方なら違和感なく使えるということです。ファンクションキーも当然あるのでショートカットの操作の時にはかなり便利です。

そしてマウス(タッチパッド)がある点も違います。この差はかなり大きく「DG-D09IW」はノートパソコンとしても使える となりますが「 DG-D10IW2」はノートパソコンです

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

もちろん本体のみで使えば、Windowsタブレットとしても使えるので2in1のノートパソコンということになります。

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

インターフェースに関しては「DG-D09IW」と変わりませんがUSBが標準である点が便利でここにマウスを指して使えば(無線でも)、もう普通のノートパソコンになります。タッチパネルがあるのでタッチパネルの無いノートパソコンよりも便利かも。

更に「DG-D09IW」のキーボードはBluetoothによる接続ですが「 DG-D10IW2」は専用端子によるUSB接続になっています。この差が実は大きい。というのも「DG-D09IW」のキーボードを使っている時たまに入力した時のレスポンスが悪いと感じたことがあったのですが「 DG-D10IW2」ではレスポンスの差を感じることはありませんでした。

またBluetoothを使用している状態でネットにWi-Fi接続していると干渉を受けてWi-Fiの速度低下が起こると言われています。USBであればそんなことは発生しません。実際にデジノスの方に聞いた話だと最大で2~3割くらいWi-Fiの速度が落ちることもあるということなので、やはりUSB接続出来る「 DG-D10IW2」の方がノートパソコンとして使うのならより良いのではないかと思います。

Diginnos DG-D10IW2(メーカー公式サイト)

キーボード付き専用カバーをセットしてみた感想

実際に専用キーボードカバーにセットした状態が下記のとおりです。

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

綺麗に収まります。カバーと一緒にした合計重量は約905gとなっており1kgを切っています。他にも1kgを切っているノートパソコンはありますがこの価格でこの重量は魅力の1つだと思います。

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

そしてカバーをそのままスタンドに出来るのも良いですね。

ただしこのカバーの欠点が無いかと言えばそんなことはなく1つだけ改善して欲しいことがあります。それは埃が非常に付きやすいという点です。黒色のカバーだけに埃がつくと結構目立つ点が難点かな。

これは次回のモデルでは改善して欲しいですね。

それとiOSやAndroidのタブレットでは専用カバーで閉じたと同時にスリープモードというか液晶の電源が落ちる仕様になっていますがこれにはそういう使用はありませんでした。そういう仕様にしてくれたら更に便利ですね。

RAWファイルの現像もOK

僕の場合、ノートパソコンでしたいことは外でブログやサイトの更新であって、デジカメで撮ったRAWファイルの現像が出来れば後は概ねブラウザだけで事足りてしまうので今回試したのはCanonのデジカメで撮影したRAWファイルをキヤノンのRAWファイル現像ソフトであるDPPで問題なく行えるかどうか?でした。

結果は問題なく行えました!

DIGINNOS(デジノス) DG-D10IW2

SDカードのスロットはMicroSDカードとなっているため、MicroSDカードをSDカードのアダプターに指してデジカメで撮影して、MicroSDカードを「 DG-D10IW2」に入れてRAWファイルを現像するという順序で行いました。

その前にDPPはCD-ROMでインストールするのでUSB接続のDVD-R-RWドライブを接続してインストールしました。DVD-R/RWドライブも問題なく認識してソフトのインストールは問題なく終了。

そしてRAWファイルをキヤノンのDPPで現像しました。

いつも使っているメインのパソコンはデスクトップでCPUがCore-i7 4790でメモリ容量の倍なので比較してしまうのは残酷ですが、遅いものの時間にして2秒程度の差でありストレスはとくに感じることなく行えました。ただし記憶装置はeMMCの32GBしか無いため、そのままMicroSDカードに保存するようにして行わないとすぐに記憶装置の容量がいっぱいになってしまうのでこの点は注意が必要であると思いました。

起動時間について

僕が今使っているノートパソコンはWindowsではなくASUSのChromebook C300MAというモデルなのですが、Chromebookの一番の利点は起動時間が速いこと。10秒弱で起動します。今回のデジノスのWindowsタブレットの起動時間はどうか?と言えばボタンを長押ししないと電源が入らないので長押しの時間も含めて約20秒(長押しの時間を除けば約16秒)でした。これは思ったよりも速く20秒で電源が入って起動して使える状態になるというのは結構便利です。電車で1駅で降りるような時でもメールチェックをしたい時なら便利だと思います。

買いか買いでは無いか?

4万円前後で買えるノートパソコンとして見た場合、これは買いだと思いました。Atomプロセッサってもっと遅いイメージがありましたがそれほど気になるほどでもありませんでしたし。

Chromebookではいろいろと規制があるために出来ないこともWindowsパソコンなら問題なく行えるということは良いですね。Chromebookと1万円ほどの価格差ですがRAWファイルの現像をオフラインで行いたいと考えたり、ビジネス用途でしっかりと使いたいというのであればおすすめ出来るパソコンです。

Diginnos DG-D10IW2(メーカー公式サイト)

用途や目的にもよりますが、「DG-D09IW」と「 DG-D10IW2」、どっちを買うか?と聞かれればやはり「 DG-D10IW2」ですね、ノートパソコンとして見た場合は。Windowsタブレットとして見た場合でもやはり10インチは使いやすいですし。ただよりコンパクトにしたいということであれば「DG-D09IW」も良いかな。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

コメントはこちら

Return Top